質問:
ローウィングデザインと比較したハイウィングの長所と短所は何ですか?
maimou
2014-01-08 06:15:05 UTC
view on stackexchange narkive permalink

高翼機と低翼機の設計の長所と短所は何ですか?どちらがどちらを好むのでしょうか?

大小の航空機で同じ答えですか?

[ユーモラスな説明だけなら、読む価値のある関連するAvWeb記事](http://www.avweb.com/news/airman/184447-1.html?redirected=1)
ナイン 答え:
#1
+35
egid
2014-01-08 06:25:05 UTC
view on stackexchange narkive permalink

多くの要因があるため、これは実際には答えるのが非常に難しい質問です。いくつか取り上げてみます。

  • 可視性は、GAパイロットに関して最もよく耳にする理由です。
    • 高翼機は、翼がそれを遮らないため、特に4席以上の航空機の乗客にとって、航空機の下の視界が良くなります。
    • 低翼機は、翼がほとんど視野から外れているため、航空機の上方でより良い視界を提供できます。
    • 空中衝突の多くは混合を伴うことに注意してください。タイプ;低翼機が高翼機に降下するか、高翼機が低翼機に上昇します。
  • 着陸特性は次のとおりです。低翼機は高翼機よりも地面効果が大きくなる可能性があるため、異なります。
  • 空力安定性は2つの設計で少し異なります。揚力の中心は、高翼の設計では高くなる可能性があり、低翼の航空機では二面角で相殺されることがよくあります。
  • 地上クリアランス(および破片保護)、特にマルチエンジン航空機は、エンジンが低翼ではなく高翼に取り付けられている場合に大きくなります。これは、プロペラとジェットエンジンの両方に当てはまりますが、プロペラは特定の航空機サイズに対してより大きな半径を持つ傾向があります。

さらに多くのことがありますが、それはを取得する必要があります議論 del>議論が進んでいます。

視界のトピックについて:曲がるとき、高い翼はあなたが曲がっている方向にあなたの視界を遮る傾向があります。
高翼と低翼の事故に関して、飛行学校の周りで多くの騒ぎがありますが、私は証拠を見たことがありません。
AiliaupoyhCMT Yeah, there are plenty of high+low combo accidents out on record. That's the only configuration-related accident info I've seen.
空力効率(揚力比)の点で高翼の利点はありますか?
#2
+11
Falk
2014-01-08 06:39:14 UTC
view on stackexchange narkive permalink

@Egid、あなたはすでに最も重要な利点と欠点、または単純な最も重要な違いを扱った本当に良い正しい答えを与えました。私はあなたの招待に従い、私が考えた違いを追加するのが好きですが、あなたはまだ言及していません:

追加の地上クリアランスは、一部の高翼航空機が対処できる最大横風にも役立ちます、私の目には何ですかまた、重要なポイントです。

また、ライトスポーツについて話す高翼機は、追加の燃料ポンプを設置せずに両方のタンクから同時に消費できるため、燃料システムの設計にメリットがあります。これはメリットだけではありません。怠惰なパイロットのためですが、おそらくすでにいくつかの事故を防いでいます。

今、誰かが私が低翼を飛んでいる理由を教えてくれる必要があります;)

低翼機がとても涼しく見える原因は何ですか? :)
私はそれだと思います:D
考えたばかりですが、ローウィングテールドラッガーはありますか?うーん、チャットで聞いてみます。
古い戦闘機がいくつかあると思います。
DC-3 / C-47は低翼テールドラッガーです。他にもありますが、一般的には1930年代の航空機です。
@Falk,軽量スポーツ航空機についてのあなたの指摘は、別の利点を見落としています。追加のポンプは必要ないことを正しく指摘しています。利点は、航空機の軽量化です。これは、規制によって重量が制限されているLSA(Light Sport Aircraft)にとって非常に重要なポイントです。これにより、LSAはより多くの燃料を運ぶことができます。それほど多くはありませんが、あらゆる点で役立ちます。
luscombe / taylorcraft / citabria / cub / huskyデザインではないほとんどのテールドラガーはローウィングです
#3
+7
Green
2014-07-22 18:44:31 UTC
view on stackexchange narkive permalink

低翼航空機は、衝突時に、衝突エネルギーの多くが胴体ではなく翼に入る可能性があるという利点もあります。

#4
+7
junnyquest
2015-02-06 08:30:16 UTC
view on stackexchange narkive permalink

低翼機は着水に有利です。これは、翼が胴体の大部分を水面上に保つことができ、乗客を降ろすための一時的なステージングエリアを提供できるためです。高い航空機では、溺れる前に外に出ることができます。

同様に、陸上では、低翼航空機は胴体着陸で制御するのが簡単です。

低翼航空機より広い間隔でより短いメインギアで設計することができ、より安定しています。ほとんどの高翼航空機は、胴体スポンソン(MU2、ATR-42 / 72、Do228 / 328、BAe-146 / Avro RJ、C-130)を使用してメインギアを収容し、比較的狭いため、安定性の低い軌道を提供します。翼に取り付けられたエンジンナセルまたは翼自体にメインギアを収容するハイウィングデザイン(ツインコマンダー、F-27 / 227、ダッシュ7/8、B-24 / 32)の場合、ギアをはるかに長くする必要があります、したがって、はるかに重い。長いメインギアの設計は、横風着陸が困難または不十分な場合に構造的破損が発生しやすくなります。

低翼航空機は燃料補給が容易であり、翼に取り付けられたエンジンが装備されている場合は、燃料補給が容易になります。サービス。

#5
+5
Greg Taylor
2015-12-21 17:50:33 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ここに、地面の快適さに関連するいくつかの違いがあります。

暑くて燃料を待っているとき、または飛行機がハンガーされていない場合は、高い翼の下の日陰に立つことができます。

翼の前から翼の後ろまで歩きたい場合は、忘れていたオイルラグを手に入れるために、高い翼で少しアヒルをして、低い翼でまっすぐ歩きます。翼の周りをずっと歩きます。二度。

私の最初の反対票。 :(私はまだそれが良い答えだと思います。
ほとんどの低翼航空機では、翼を登ったり踏んだりできませんでしたか? :P lol
#6
+4
Dave
2015-03-13 19:20:55 UTC
view on stackexchange narkive permalink

もう1つの要因は、燃料の流れです(少なくとも小さなGAプレーンでは)。

セスナ172とパイパーチェロキーを比較してみましょう。パイパーは低翼であり、翼タンクからエンジンまでガスを流すために燃料ポンプ(電気バックアップで駆動されるエンジン)が必要です。この追加により、障害が発生する可能性のある別の部分が追加されるだけでなく、システムを乾燥させた場合にシステムをベーパーロックできる可能性があります。セスナ(ハイウィング)では、燃料は重力によってウィングタンクから引き出され、古い車(1930年代)のようにエンジンに引き込まれます。これにより、一部の人々が非常に優れていると感じる燃料ポンプとベーパーロックの問題が解消されます。この時点で、私は30分ごとにタンクを切り替える習慣があります。

一部のセスナ(私が読んだものから)には現在燃料ポンプがありますが、私はそれらを飛ばさないので、新しいモデルの詳細についてはよくわかりません。

高翼の飛行機は、バックカントリーのものをたくさん飛ばしている場合にも有利であることがわかります。追加されたクリアランスは、低翼機が何かにぶつかる可能性のある、茂みのあるエリアやその他のあまり親切でない場所に着陸するのに役立ちます。

この質問に対する最良の答えは、通常、地元の飛行場で見つけることができます。パイパーを所有している人(カブではない)に尋ねてから、セスナを所有している人(400ではない)に尋ねて、彼らの答えに基づいて自分で決めてください。

一方、重力供給燃料システムを備えた航空機は、エンジンが停止しないと逆さまに飛行することはできません。
@Seanは非常に真実です。さらに言えば、ほとんどのタンクは少なくとも最低点まで重力で供給され(その後、より高くポンプされる可能性があります)、ほとんどの標準的な燃料システムは逆飛行には不適切です。
#7
+3
rbp
2014-11-25 04:10:39 UTC
view on stackexchange narkive permalink

低翼のもう1つの要因は、離着陸時に、低翼が尾翼上の気流を遮断し、舵とエレベーターの効率を低下させることです。そのため、着陸時と離陸時に尾翼を空気の流れの中に保つために、多くの低翼にT尾翼があります。

これは、離陸と着陸だけでなく、AoAが高い状況でも当てはまります。
はい!トレーニングを除いて、他の飛行体制では高迎え角を飛行していないことを願っています
なぜこれは高翼よりも低翼の方が悪いのですか?
高翼では、高迎え角での気流が翼の上にあるためです。低翼機では、翼が尾への気流を遮断します:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/24/Piper_PA-28_Cherokee_Landing_03.JPG
私はこれらの写真が完璧ではないことを知っていますが、それらはあなたにアイデアを与えます:http://www.airport-data.com/images/aircraft/small/000/255/255722.jpgこれが出発するTテールの矢です(開始40秒で-https://www.youtube.com/watch?v = cbzhaSp-MEs)
#8
+2
Vanessa G
2014-07-22 01:01:01 UTC
view on stackexchange narkive permalink

前の回答への簡単な追加:

大型の民間航空機も、メンテナンスの観点から低翼の利点を活用しています。

大型の民間航空機は、長い着陸装置を収納するために翼が低くなっています。長いギアは胴体を伸ばすことができ、離陸時にも回転することができます。胴体の位置が低い大型の高翼航空機は、着陸装置のすぐ後ろで胴体のテーパーを開始する必要があるという代償を払って、積み降ろしが簡単であるため、伸ばすことはできません。
@PeterKämpf、揚力対抗力(空力効率)のパフォーマンスの点で高翼の利点はありますか?
@Jonny:最適なのはミッドウィング構成です。高い翼は二面角が少ないので、横力として失われる揚力が少なくなります。しかし、違いはわずかです。詳細を知りたい場合は、ここに新しい質問を投稿してみませんか?
#9
+2
Peter Hansen
2015-03-14 01:51:45 UTC
view on stackexchange narkive permalink

もう1つの長所/短所のペアを追加しましょう。

高翼機(少なくとも小型GA航空機の場合)は、翼の燃料排出口にアクセスしやすく、検査が容易なため、プリフライトが簡単な場合があります。翼の下側(フラップリンケージ、エルロンヒンジ、スキン、燃料漏れの可能性)。個人的には、はしごなしで翼の上部を見ることができるほど背が高いですが、この利点は短いパイロットでは縮小することを認めます。欠点は、給油のしやすさ(そして燃料タンクの貼り付け)です。チェロキー(低翼)は給油するためにはしごを必要としませんが、クラブのセスナでは脚立を持っています。

Another advantage of low wing over high wing is that I've never bashed my head on a low wing.


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...