質問:
航空機のタクシーはどうですか?
shabby
2014-01-13 03:02:31 UTC
view on stackexchange narkive permalink

航空機はエンジンを使ってタクシーを運転しますか、それとも常に他の車両に引っ張られますか?

小さな大型トラックが時々引っ張るのを見ました。それは本当に巨大なものを引っ張っているのですか、それとも航空機は何らかの形で独自の力を使用していますか?

私たちのほとんどがおそらく飛ぶ単気筒飛行機の場合、一人で手で押したり引いたりするのはごく普通のことです。多くの場合、飛行機にはハンドルと前脚のフックが付いた牽引バーが付属しています。
三 答え:
#1
+22
egid
2014-01-13 03:11:41 UTC
view on stackexchange narkive permalink

航空機は常にタグボート(参照する小型車両)で移動するとは限りません。多くの場合、旅客機は独自の力で作動します。

旅客機は、最も簡単で効率的な方法であるため、通常、タグボートを使用してゲートから押し戻されます。次に、彼らは自分のエンジンを使って滑走路まで(そして着陸後はゲートまで)タクシーで推力を出します。これは、ジェット機とプロペラ航空機の両方に当てはまります。

自己完結型の電動地上推進でいくつかの作業が行われています。この分野の主要なプレーヤーの1つは、 WheelTugという会社です。彼らは高トルクモーターと航空機のAPUを使用して、エンジンを始動したり、タグボートの接続と切断を必要とせずに航空機が自分自身を動かすことができるようにします。

60年代または70年代に、一部のステーションでしばらくの間727をパワーバックしていた航空会社が少なくとも1社ありました。
@Terryええ、それは本当です。 DC-9も時折これを行いましたが(北西、多分?)、あまり一般的ではありません。しかし、ええ、それが私が旅客機が常にプッシュバックを得るとは言わなかった理由です!
メモリが正しく機能する場合、AAは90年代にそれを行っていました。ただし、それを行うにはOpspecが必要です。 OPSPEC C065、飛行機によるパワーバック操作A. C065は、後方タクシー操作のための発電所逆転システムの使用を許可しています。
ええ、私はAAとノースウェストの両方が90年代に一般的にパワーバックを行っていたことを覚えています。燃料の値段からすると、当時は今ほど高くはなかったと思います。
@reirabそうですね、CDGT1にいくつかのようなドライブインジェットブリッジスタンドがあります:)goo.gl/maps/jRMB3BXrRt92
#2
+17
DeltaLima
2014-01-13 03:04:33 UTC
view on stackexchange narkive permalink

通常、航空機は自力でタクシーを利用します。航空機には動力付きの車輪がないため、前方への推力はエンジンから発生します。一部の航空機は逆推力を使用できますが、ゲートからのプッシュバックのみがほとんどトラクターによって行われます。

航空機がメンテナンス目的で移動されているとき、または単に飛行場に移動しているときは、通常、航空機は引っ張られます。

航空機の車輪に電気モーターを取り付けて、エンジンを始動せずにタクシーに乗れるようにする研究が進んでいます。ルフトハンザはいくつかの実験を行いました。このコンセプトはタクシーの燃料を節約し、空港環境(騒音、汚染)にやさしいですが、モータードライブシステムの重量が増えると、飛行中に燃料がさらに燃焼するため、これらの利点が相殺されます。

自力でタクシー?エンジンやホイールになんらかのパワーがあるということですか?
「自力で」@shabby,とは、発電所に応じて、タービンまたはプロペラのいずれかによって生成される推力を意味します。
#3
+6
ptgflyer
2014-01-13 03:39:33 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ほとんどの航空機タクシーは独自のエンジン出力を使用しています。タグボートは通常、エンジンを始動する前に、またはエンジンが動作不能(メンテナンス、一時停止など)の場合にのみ、航空機をすべての構造物、人、およびその他の航空機から安全な距離に移動させるために使用されます。ただし、ホイールに取り付けて、メインエンジンの代わりに電気モーターを使用して移動するシステム(ElectricGreen Taxiing Systemと呼ばれ、2013年のパリ航空ショーで紹介されました)があります。現在、エアバスA320ファミリーとボーイング737ファミリーでのみご利用いただけます。

私は単に「安全な距離」以上のものを言うでしょう。アイデアは、航空機を外側に向けて、それ以降、独自のエンジン出力で前進できるようにすることです。とにかく、エンジンは通常_ゲートで_始動しませんか?エンジン出力の下で_バックアップ_を試みることは通常望ましくないというだけです(このサイトで何度も議論されています)。
車輪に電気駆動または油圧駆動を使用して、セルフパワーのプッシュバックとタキシングを可能にすることは興味深いアイデアですが、他の目的(着陸時のブレーキングなど)で正当化する必要がある重量が追加されます。ハイブリッドカーとは異なり、車輪から発生するエネルギーでできることはあまりありません。また、タグボートを使用すると、通常、タグボートと地上要員からの後方視界はコックピットからの視界よりも良くなり、プッシュバック中に地上の別の航空機にぶつかる可能性が低くなります。たぶんリアビューカメラが設置されるのでしょうか?
@PhilPerry彼がここで言及しているシステムは、実際には別の車両であり、飛行中に実際に搭載されている電気モーターではないと思います。それらも提案されていますが、あなたが言及した重量の問題に悩まされています。これは、課税よりも飛行に多くの時間を費やす航空機(長距離航空機など)で特に問題になります。
プッシュバック用ではありません(多分そうかもしれませんが、それは目的ではありません)。誘導路でタキシングするためのもので、エンジン出力でタキシングしないことで多くの燃料を節約します。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...