質問:
なぜピトー管は加熱されているのに静的ポートは加熱されていないのですか?
Pondlife
2014-01-07 01:23:42 UTC
view on stackexchange narkive permalink

セスナ172のような一部の軽飛行機では、ピトー管は加熱されますが、外部の静的ポートは加熱されません。私が聞いた通常の理由は、静的ポートは氷結の影響を受けにくいということですが、なぜそうなのですか?

五 答え:
#1
+16
voretaq7
2014-01-07 03:39:44 UTC
view on stackexchange narkive permalink

一部の航空機は、副作用がある場合に限り、静的ポートを実行します。たとえば、パイパーPA28航空機(チェロキー/ウォリアー/アーチャー/アロー)では、静的ポートがピトーマストに配置されています。これらの航空機でピトー熱がオンになると、静的ポートを含むマスト全体が加熱されます。
この特性は、ピトー/静的マストを組み合わせたほとんどの航空機で同じです。

理由についてほとんどの軽航空機は静的ポートを加熱しません。2つの大きな理由があります。

まず、聞いたように、静的ポートは通常、着氷しやすい場所に配置されていません。比較的乱されていない空気の領域の胴体の側面(私がよく知っているほとんどのセスナでは、ドアの前方にあり、他の航空機では、登録番号が描かれている場所のすぐ近くにあります)。 フォークが指摘したように、これは通常、氷がそこに蓄積しないことを意味します。
追加の保護として、一部の航空機には複数の外部静的ポート(共有静的ラインに接続)があるため、1つのポートが氷結しますかまだ基準圧力の発生源があります。

第2に、静的故障は比較的簡単に対処できます。特に、加圧されていない軽飛行機の場合はそうです。計器飛行状態で定期的に飛行する多くの非加圧航空機は、キャビン内に代替の静的ソース(キャビンの空気への静的ラインを開くバルブ)を備えているか、従来の「VSIガラスを破る」ソリューションを使用して取得できます。ほとんど機能する高度計。

#2
+15
Falk
2014-01-07 01:36:25 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ピトー(または全)圧力がかかるピトー管または他の種類のダクトの形状を見て、氷が蓄積しやすい翼の部分と比較すると、答えが見つかります。 。氷は、おそらく気流の薄い表面の前縁に形成されますが、胴体の側面には形成されません。そこに氷がたまるとしたら、おそらくもっと緊急の問題が発生し、代わりの静的ソースに切り替えるでしょう;)

#3
+3
abelenky
2014-01-07 01:29:11 UTC
view on stackexchange narkive permalink

あなたが言ったとおり、静的ポートは氷結の影響を受けにくいため

(また、代替の静的ソースが利用可能であるため。静的ポートが氷結した場合は、代替静圧源のレバーを引いて、キャビン内から別の空気源を取得します)

あなたは実際に質問に答えませんでした(「なぜそうなのか?」)。
#4
+1
reirab
2015-03-04 03:09:44 UTC
view on stackexchange narkive permalink

「なぜ」の質問をもう少し明確にするために、ピトー管の開口部は風の流れに面している必要があります。対照的に、静的ポートの開口部は風の流れに対して垂直でなければなりません。着氷の原因となる水は一般に空気とともに移動するため、ピトー管の開口部には常に当たっていますが、静的なポートの開口部には当たっていません(少なくともそれほど多くはありません)。

ピトー管が一般的に氷が堆積する場所にあるのに対し、静的ポートは通常そうではないのは偶然ではありません。代わりに、それぞれが設計目標を達成するために必要な結果です。

#5
  0
Skip Miller
2015-03-04 02:24:18 UTC
view on stackexchange narkive permalink

氷の付着が発生する最初の場所は、鋭角とスパイクです。これにより、外部温度計とピトー管が最初に着氷する場所になります。大きな氷​​結の問題がない限り、氷は通常、静的ポートが配置されている場所に付着しません。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...